9日(日)哲学カフェに参加した。

波止場カフェという哲学カフェに初参加した。参加者は老若男女バランスよく8名であった。

テーマは「取引について」。ネットを利用しての個人売買から始まった対話は、人の活動を「取引」という言葉で見ることで、人がそれぞれ何を求めての生きているのか…というところに向かっていった。(ように思った。)

対話での発言を文字化する作業については、それまでは文字化と特に範疇分けが恣意的にされる印象がありそのやり方を疑問視していたところがあったが、ここでは意味を丁寧に確認しながら、発言の時系列に添って箇条書きするというや

り方であった。

一人一人の思考や想像力に安易に踏み込まないこのやり方はファシリテートの重要な要素になっている。学んでいきたいところだ。